「日本新聞博物館」に行きました(^ー^)

 
こんにちは(^▽^)
今日は、先週の土曜日に子供たちと行った、横浜・関内にある「日本新聞博物館」を紹介します♪

我が家で購読している毎日小学生新聞に「毎小編集部といっしょに!~日本新聞博物館ギャラリー ツアー」というのが載っていたので応募してみたのです。

私と子供二人の3人で参加しました♪

日本新聞博物館(ニュースパーク)は、新聞の歴史や、新聞がどうやって作られて家庭に届けられているのかを学ぶことができる博物館です。

こちらは世界で一番古い新聞。
今から400年ぐらい前にドイツで作られたのが最初だそうです。
世界で一番古い新聞

こちらは江戸時代の瓦版
江戸時代の新聞?瓦版

新聞の歴史コーナーは、親の私たちが見ても面白かったです♪
そう、ほんの20年前までは「活字」といって、鉛の文字を一文字一文字拾って新聞を作っていたんですよね。逆さの文字をすごいスピードではめていくって職人技ですよね。
活字

今はみんなパソコンでできるようになったそうです。
パソコン&デジカメでずいぶん新聞記者の方の仕事方法も変わったそうです。

今回は、毎日小学生新聞の編集長をはじめ、記者の方や校正の方(?)、イラストを描く方などがいらしていて、新聞作りの裏話までいろいろ聞けてとても興味深かったです。

編集長さんの話を聞く子供たち
編集長さんの話
編集長さんは昔、政治部の記者をしていらしたそうで、小沢さんや菅さんのいろいろな話も教えてもらえました(^mm^)フフフ

校正をしていらっしゃるところも見ましたが、息子が楽しみに読んでいる連載歴史小説にかなり赤ペンを入れているのでびっくり。
プロの作家さんでも字を間違えたり、時代考証が違っていたりがあるそうで、そういうことをすべてチェックするそうです。いろいろ物事を知らないとできない仕事ですね。。。私は漢字すら苦手なのでムリだわ~。

ちょうど菅さんが首相に決まったあとだったので、菅さんの今までの写真を並べて追うページがありましたが、これも一つ一つの写真をチェックして撮影日に間違いがないかとか、一緒に写っている人物の名前に間違いないかなどを調べていました。たくさんの人が読む新聞に間違いがあっては大変ですからね。

最後には新聞製作の体験もしました。記事を自分で考えてちょっとだけ書くのですが、うちの子たちが一番最後まで考えてた…文章苦手みたいで。で、デスク(?)の方に記事をチェックしていただいて、校正の方に見ていただいて。
記事をチェック
パソコンに自分で入力して新聞作り。最後に自分の写真が載った新聞をプレゼントしてもらえます。
こういう新聞をもらえます。写真の加工が面倒なのでポストイットで隠してみた(笑)
息子の作った新聞

この新聞作りは、「新聞製作工房」でいつもできるみたいです。

なかなか面白い体験でした。
子供たちももう一度ゆっくり見たい!と言っていましたので、また行こうと思います。
皆さんもぜひ一度行ってみてください♪♪
建物もレトロで(歴史ある)オススメの博物館です

日本新聞博物館(ニュースパーク)
〒231-8311
神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
tel 045-661-2040 fax 045-661-2029
・アクセス
みなとみらい線「日本大通り」駅 情文センター口直結
JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内」駅 徒歩10分
横浜市営バス「日本大通り駅県庁前」バス停 徒歩1分
首都高速「横浜公園出口」 車3分

 

↓1クリックお願いします(*^∇^*)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する